逮捕の種類とその内容

逮捕の種類とその内容

よくニュースなどで、痴漢を現行犯逮捕しました、や容疑者を逮捕しましたなどと聞きますが、この逮捕とは、被疑者を留置所などに強制的に拘束する処分のことを言うようです。

その目的は、証拠の隠滅と被疑者の逃亡を防止することだそうです。

この刑事事件における逮捕には①通常逮捕、②現行犯逮捕、③緊急逮捕の3種類あるそうです。

①通常逮捕は、逮捕令状を示して逮捕するものです。

②現行犯逮捕は、現に犯罪を行っている人や、行い終わったばかりの人を逮捕するもので、逮捕令状がなくても逮捕ができるものです。

ちなみに、ご存知の方も多いかと思いますが、現行犯の場合は警察官でなくて一般市民でも逮捕することができるそうです。

③緊急逮捕は、殺人などの重罪の疑いがあり、緊急性がある場合に逮捕令状がなく逮捕ができるものです。

刑事事件を起こして逮捕されてしまった場合には、弁護士を付ける権利があることを告げられるそうです。

ちなみに、弁護士とは警察官の監視がない状態で面会ができるそうです。

良く聞く前科と前歴の違い

前科や前歴という言葉は、一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか?しかし、この前科と前歴について、違いがあるということをご存知でしょうか?どちらも、法律での定義はないそうですが、前科とは有罪判決が下されたものを指し、前歴とは警察や検察から被疑者として捜査をされたものを指すそうです。

どちらも刑事事件のことになりますが、刑が下されたものと、捜査の対象になったものという違いがあるようです。

つまり、前科とは検察官と弁護士が法廷で争った結果、裁判官から刑罰を言い渡されたもののことを言うようです。

この刑罰は、実刑判決だけではなく、執行猶予つきの判決や罰金などの軽い刑の場合も含まれるそうです。

ちなみに、前科がついてしまうと前科調書というものに記録されて、一生残ってしまうそうです。

また、取得できる資格や就業できる職業について制限されてしまうそうです。

刑事事件で頼れる弁護士

いずれにしても、刑事事件を起こしたり、疑われて検察官から捜査されたり、弁護士のお世話になったりなどしたくないものですね。